広告

頼み事はつらいよの巻 八郎少年ダイエット記③

広告
広告

f:id:hachiroublog:20190202200214j:plain

どうも!八郎です!!
大学デビューのため、3ヶ月20kgのダイエットを決意した八郎少年。
ダイエットの肝である、献立や食材の協力は時間的な猶予や金銭的な問題からも、母親に協力を依頼しないといけません。
それでは続きをどうぞ!!

まずは献立を考えることに。
ここで、最大のネックになるのは「登校時の弁当」。
学校の連中にばれずにするにはどうしたらよいか…
これが思案のしどころでした。

色々考えた結果、以下のような感じにしたと思います。

f:id:hachiroublog:20190202200240j:plain

朝食      ゆでたまご  サラダ グレープフルーツ コーヒー
昼食(弁当) 枝豆 グレープフルーツ  コーヒー
昼食(在宅) サラダ 豆腐 ちりめんじゃこ グレープフルーツ  コーヒー
夕食      ゆでたまご サラダか野菜炒め グレープフルーツかりんご コーヒー 

うーん、今思うとすごい徹底されたメニュー(笑)遊びいっさいなし、妥協もほぼないウサギさんメニューですね。

f:id:hachiroublog:20190202200420j:plain

登校時の昼食は結構質素すぎて、どうやって食べようか悩みました。この件は後にふれたいと思います。

さて、後は母親の協力を取り付けなければいけないわけなんですが…
いわゆる年頃の多感な17歳な訳で、ダイエットの協力をお願いするのにものすごい、有機と言うか、努力と言うか、恥を忍ぶというか、とにかく色々考えました。
要は素直に言うのに時間がかかったんですね。
しかし、ここは母親の協力無しでは達成は不可能です。
恥を忍んで、思い切ってお願いしました。

 

 

八郎:「ダイエットしたいから、献立や食材を協力してくれ!!三ヶ月で結果が出なかったから打ち切って良いから!!」

 

最初、母親も何を言っているのかよく分からない感じで聞いていましたが、その後上記のダイエット献立表を見せると、最初は感心した様子を見せたかに見えましたが、次の瞬間、ニヤついた顔に変貌して、こう言い放ちました。

 

母親:「ははぁ、そうか好きな人でも出来たのね」

 

八郎「」

 

…なんか説明するのも面倒くさいので、「そうそう」と適当に合わせました。そんなことはどうでも良い、大事なのは協力体制です。
母親も、納得してくれて協力の快諾を得ました。
ただ、あまりに極端なのでもう少し最初は緩くした方が良い、とアドバイスももらいました。
しかし、八郎に残された時間は僅か3ヶ月。その後は受験勉強も控えています。
とにかく、3ヶ月でやりきるしかないのです。

次はサーキットトレーニングです。

f:id:hachiroublog:20190202200612j:plain

内容はこんな感じのを3セット 1セット5分を目標にやることにしました。

・腹筋10回
・背筋10回
・腕立て10回
・ダンベルもってスクワット10回
・ダンベルの持ち上げ10回
・タンベルの横に持ち上げ10回
・エキスパンダー 胸の前で引き伸ばし10回
・エキスパンダー 背中で引き伸ばし10回(←これがめちゃめちゃキツイ)
・エキスパンダー 片足で踏んで片手で引き伸ばし10回

しかし、ぶっちゃけるとこれ最初1セットするのに15分かかりました(笑)
ので、最初は2セットに後から妥協、2ヶ月目以降3セットに増やしましたがそれでもやはり20分はかかりましたね。

この苦行を3ヶ月課した結果、八郎少年は何キロ痩せたのでしょうか!?
(次回へ続く)

 

今回はここまで。
次回は、八郎少年が実際にダイエットを始めてからの色々なエピソードを披露します。
次回予告「弁当は辛いよ の巻」

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました