広告

ママチャリはつらいよの巻 八郎少年ダイエット記⑥

広告
広告

f:id:hachiroublog:20190204231246j:plain

どうも!八郎です!!
大学デビューのため、3ヶ月20kgのダイエットを決意した八郎少年。
今回のエピソードは、ママチャリで遠出した時の話。

(写真はママチャリじゃないけど…)
気持ちよいツーリングのはずが…どのような出来事が待っていたのでしょうか?

八郎のオタク仲間にマウンテンバイク(以下MTB)好きの友人Gがいました。
そいつは、高校生には不釣合いな高価なMTBを持っており、バイトしては金をMTBにつぎ込むほどのMTB好きでした。
友人Gは、暇さえあれば自転車の良さを説いて周り、自転車ツーリングに誘いをかけていましたが、当時高校生で自転車ツーリングをするヤツなどいる訳もなく。
ただ、八郎はその友人Gが言う、自転車ツーリングを「ちょっとやってみたい」とは思っていました…

 

そして!ついにダイエットの一環として、それを実行に移すときが来たのです!!

 

…と言っても、自転車は友人Gが持つようなMTBのようなオサレなものではなく、当然、通学用のママチャリです。
しかし、毎日片道5kmをチャリンコ通学していた八郎は、チャリに関しては根拠も無く自信がありました。

 

八郎『ちょっとの遠出なら出来る!!』

 

そう思って、八郎がチョイスした遠出先は…海水浴場。
まだ4月の下旬で、とても泳げるような気温じゃありません。
しかし、これを読まれているぽっちゃりの皆さん!!海に憧れはありませんか!?
絶対、肌を露出しなければ成らない海なんて行きたくないんですが、

 

『もし、俺が・私が痩せていれば…海に行って見たいっっっ!!!!!』

 

って思いませんか(笑)
もし、自分が目標通り痩せたあかつきには…水着着て…

                   彡 ⌒ ミ
    彡ハヽヽミ          ( ´・ω・`) ブゥーチッブゥーチッ♪
   ( ´・ω・`)        ./ >‐ 、-ヽ   ペーペケッペッペペーペーペペ♪
   /     ヽ      /丶ノ、_。.ノ ._。) ブゥーチッブゥーチッ♪
   / /    ヽ|  →  〈 、〈Y ,ーiー〈ト   ペーペケッペッペペーペーペペ♪
  (_二つ    )      .\_ξ ~~~~~~Y
   |      イ         |__/__|
   |  l⌒ヽ  ヽ         |、,ノ | 、_ノ”

 

ってやってみたいっ!思ったりしませんか?(笑)
そんな漠然とした憧れと、もうひとつは、あえて親が近場の海水浴場ではなく、砂浜がきれいだから、と言う理由でわざわざ遠出してくれた海水浴場を、この目でもう一度見てみたい、そう思ったのも理由のひとつです。

 

余談ですが、社会人になって車でもその海水浴場に行きました。
その時の実家から海水浴場の距離、何と40km!!なかなかに離れていましたね。

 

当日は快晴!降水確率0%!絶好のツーリング日和!!
グレープフルーツの輪切りと、あったかいコーヒーを魔法瓶に0.8リットルなみなみついで、いざツーリングへGO!!
周囲の景色を楽しみながら片道2時間強、ゆっくりしたペースでこぎ続けると、目的地の海水浴場へ到着!!

f:id:hachiroublog:20190204231614j:plain

青い空、白い砂浜、そしてエメラルドグリーンの海。
今でも忘れない素敵な光景です。
何より、デブの自分が、自分の足でそこまで行ったと言う実体験も、普段の景色をより美しく見せてくれたのかもしれません。

 

砂浜はシーズンではないので人もまばら。
砂浜の奥手にある木陰で、グレープフルーツの輪切りを食べて、コーヒーを飲みながら「だばだ~」したのは良い思い出です。
リュックサックを枕代わりにして、波のさざめきを聞きながら目を閉じて、日々の喧騒から離れます。

 

気がつけば時刻は14時を回っています。
そろそろ帰らないと日が暮れるまでに家に辿り着きません。

 

さあ頑張って帰ろう…

 

そう思って建ち漕ぎをして、ペダルに力を入れようとしたその時でした。

ガガガガガ、ガリガリガり、パキッ…

いきなりペダルにかかっていた抵抗が一気に消えます…
経験されたことある方は御存知かと思いますが…そう、チェーンが外れたのです。
八郎も高校3年間、チャリンコ通学をしていたので、チェーンが外れることはたまにありました。
何回も自力で直したこともあります。
今回も自力ではめ込むことに成功しました。
…しかし、今までにはない違和感があります。
チェーンが外れる時に、そんなガリガリ音がして外れることなんて無かったのです。
ここに、何か引っかかるものを感じます。

 

気を取り直してまた漕ぎ始めます。
…しかし1分もしないうちにまた、変な抵抗感と共にチェーンが外れます…
(次回に続く)

今回はここまで。
自転車の故障?に見舞われ、50kmの復路をどうやって家に辿り着けばよいのか、絶対絶命の八郎少年。
この危機をどうやって脱したのか?
ドラマのような、予定調和の現実なんてありません!!(笑)
次回予告「ママチャリはつらいよその2 の巻」

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました