広告

飲み会等のイベントで気持ちが揺らいでもダイエットを続けていく方法

広告
飲み会 ダイエットチラ裏
広告

どうも!八郎です!!

ダイエットを始め、禁欲生活に少しずつ身体も馴染み始め、少しずつ結果も出始め…
重かった腰も上がり、やっとダイエットが軌道に乗り始めたかと思った矢先に…

「○○さんの送別会があるからみんな、参加だぞ!」

「折角お前の地元まで出る用事あるんだから、夜飲みに行こう!」

なんてダイエットに水を差す、と言ったら失礼ですが、そんな気持ちが揺らいじゃうようなお誘いはありませんか?
また、仕事をされている方は、上司や同僚とランチを場所を替え・品を替え、食べに行くことも少なくありませんよね。

このようなイベントも器用にいなせてダイエットが続けられる人は今日の記事は読まなくても大丈夫!
きっと、立派にダイエットをやり遂げていることでしょう。
しかし、こういうお誘いを機に、折角軌道に乗っていたダイエットが崩れてしまい、元の木阿弥になることも実は少なくありません。
それは何が原因で、ダイエットがなし崩しになってしまうのか、そしてどうすれば揺らいだ気持ちを引き締めなおせるのか?
そんな話をに今日はメスを入れていきましょう。

※最初にお断りすると、送別会に行かない、飲み会に行かない、はダイエットを続けるだけの観点で言えば「○」です。
しかし、そういう周囲のお付き合いを絶つ事は、社会的な立場や今後の人間関係においてデメリットも間違いなく存在します。
今回は、参加する前提で、どのようにしていけば良いかを考えていきます。

広告

▼気持ち編

ダイエットを続けようとする意思は柳の葉のようなもの

f:id:hachiroublog:20190220195407j:plain

もし、皆さんに強固な意志を持ってダイエットをしている、と言う自負があれば、食べ放題に行こうが、飲み放題に行こうが、次の日には何のけれんみもなくダイエット戦線に復帰できているでしょう。
しかし、残念ながらその強固な意志を持ち合わせていないために、我々は「だらしない身体」になってしまっていることを深く理解しないといけません。
つまり、頑張れているようでも、風が吹けば大きく揺れる柳のように、頑張ってダイエットを続けている意思は「お誘い」「誘惑」という風が吹くと、すぐゆらゆらと揺れてしまうのです。
何もこれを責めるつもりは全くありません。
これを理解して、改善できていれば「わがままボディ」からは遥か昔に卒業できています。
まずは、自分の現状をしっかり把握する必要があります。
敵を知るには、まず、自分のことをよく把握しておかないといけません。
我々は「意志が弱い」んです(笑)

飲み会などのイベントは「例外」であることを頭に刷り込む

f:id:hachiroublog:20190220195900j:plain

こういった、送別会、旧交を温める飲み会は必要な事です。ぜひ参加してください。
しかし、1点だけ注意。
「そのイベントはダイエットの中では例外なんだ」と言うことを頭に刷り込んでください。
もし、自分が毎日頑張れているのであれば「ご褒美」という位置付けでも良いと思います。
しかし!ご褒美は1日限りですよ!
そう、羽目を外しても良いけど、それは1日限り。
それは例外中の例外で、次の日からはダイエットに戻らなければならない!
ここは絶対に外さないで下さい。

そしてその思いをイベント前に強く思ってください。

広告

▼イベント当日編

事前に少しでもカロリーの吸収を抑えるため策を講じる

f:id:hachiroublog:20190220195649j:plain

ランチならまだしも、飲み会は最初の乾杯はお酒が入ります。
ご存知、お酒は飲み物にもよりますが、カロリーは高い、GI値も高い、見たいなのが多いです。
特に乾杯のデフォ的な酒「ビール」は残念ながらカロリーやGI値共に高いんです。
出来れば、会の前に対策を講じることが出来たら、講じましょう。
要は、しょっぱなの吸収を抑える対策ですね。

飲み会事前対策リスト「糖の吸収を穏やかにする方法」

①特保の「糖の吸収を穏やかにする」飲料を飲む
②ヨーグルトを食べる
③プロセスチーズを食べる
④牛乳を飲む

いや、まあ、飲み会の前に「千切りキャベツを食べる」でも良いんですが(笑)流石に現実味がないと思いまして。
会の前に出来そうな対策を考えました。①が1番ラクなんですが、②-④の方が効果は若干高いそうです。
お任せしますが、何らか「対策をしたんだ」という事実は作っておいてください。

このお酒は飲まないほうが良いリスト

f:id:hachiroublog:20190220195242j:plain
飲まない方が良いお酒リスト

×××梅酒 美味しいかもしれないけどこれは絶対飲んだらだめ
××カクテル 内容にもよるが基本避けたが無難
×ジュースみたいなサワー(レモンサワーやウーロンハイのように割るものに糖類が少ない分はOK)
×ビール
×日本酒

ビールはデフォになっているところが多いので最初はお付き合いしたほうが無難です。
2杯目以降は焼酎などに逃げるのが良いかと思います。
しかし、カロリーやGI値の低いお酒は総じて美味しくないので、どうしても甘いお酒を飲みたい人は「量をセーブ」するしかありません。
しかいいくらGI値やGL値が低かろうが、甘いお酒は、アルコールと言うカロリーに甘みというカロリーをトッピングするようなものなので、飲みすぎは禁物です。
梅酒とカクテルはナンボ美味しくてもやめときましょう。翌日以降、後悔が待っています。

こっそりダイエット食を積極的に食べましょう

f:id:hachiroublog:20190124220748j:plain

周りが引くほど、ダイエット色に走る必要はありませんが、もしテーブルの上に食材があるのなら積極的に食べたい食品です。

居酒屋で積極的に食べたいダイエットメニュー

○サラダ
○枝豆
○刺身のつま(だいこん・海藻類)
○豚肉系のおつまみ

コース料理になるのか、自分たちでオーダー出来るのかでも、微妙に変わってきますが、この手の食材がテーブルにあるのなら、積極的に食べましょう。

広告

▼イベントの翌日編

昨日は例外だったこと、今日から復帰するためにいろいろ手段を講じたことをも思い返す

f:id:hachiroublog:20190220194517j:plain

正直、昨日イベントの前に講じた策は殆ど効果が無かった、と思ってください。
ただ、昨日の事は例外(ご褒美)だったかも知れないけど、同時に今日から元に戻るための布石をしっかり打ったと言うことを思い出してください。
だから、戻らなきゃいけないんだ!今日からまたスタートするんだと自分に言い聞かせてください。
昨日の対策はどちらかと言うと、糖分吸収対策、と言うよりは「心の対策」。
甘えの中にも厳しさを少し残すことで、次の日に気持ちが戻りやすくすりきっかけを作りました。
恐らく、何の対策も講じず自然体でイベントに参加してしまうと、ダイエットに戻ってこれる可能性は下がると思います。
戻るための布石を昨日のイベントで打つことで、当日の復帰をサポートする作戦です。

2日連続は絶対に甘えさせない

f:id:hachiroublog:20190220194550j:plain

これが1番大事なんですが、今日は甘えてはいけません。
自分に厳しくしてください。
八郎の経験上、2日甘えるといよいよダイエット戦線に戻ってこれなくなる可能性が高いです。
気持ちも身体も「ああ、ラクになってもいいんだ」と弛緩してしまいます。
復帰するためには、甘える日は1日のみ、としましょう。

毎日ランチに行く人は。。。

f:id:hachiroublog:20190220195005j:plain

職場で上司や同僚と毎日ランチだよ、と言う人はダイエットのハードルがぐっと上がりますよね。
自分で食べ物のジャンルが選べれば、高カロリーではないランチ屋さんに行けばよいだけですが、多分、決定権は自分にはない方が多いと思います。
その方への対策です。

毎日のお付き合いランチ対策

○特保系の飲み物や乳製品の事前摂取を確実に実施する
○上司・同僚にダイエットに取り組んでいる事実を告白し、可能な範囲で協力してもらう(ランチ屋さんを週1回はカロリーの高くないお店にしてもらうとか)
○最大限、ランチもカロリー・糖分が少ないであろうメニューを選択する

毎日ランチに行く場合は、ハードルがぐんと上がります。
上がりますが、上がるから無理なんです、とは言えないのも事実。
人付き合いもあるので、露骨に食べなかったり、ランチの付き合いをやめるのはよくありません。
上記対策を実施して、「復帰しなければならない心構え」をルーティン化していきましょう。

広告

まとめ

今回は、誘惑にお付き合いしながらも、翌日はダイエットに戻りやすくするための方法をお伝えしました。
1回気持ちが緩むと、そこからまた張り詰めるまでには時間がかかります。
しかし、張り詰めていかないといつまでたってもダイエットは成功しません。
緩んだ糸をまた緊張感あるテンションに戻すための、心構えや布石、やってはいけないことを紹介しました。
ダイエット継続中は、沢山の誘惑がやって来ます。
その誘惑に負けることなく、しっかりと継続し、ダイエットの結果を勝ち取ってください。
この記事が、そのお役に立てたら幸いです。

今回は以上です。
最後までご覧頂き、ありがとうございました!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ


コメント

タイトルとURLをコピーしました