深紅 –不摂生がもとで死にかけた話(31)–

深紅 じぶんがたり

どうも!八郎です!!

ちょっと間が空きましたので、
もし前回までの話を忘れた方は、
こちらをお読みになって戻ってきてもらえれば、と思います。

もし、これは何の話だ!?
と言う方は、こちらから読み進めてもらえれば、と思います。

さて、三途の川らしき川を渡っていた八郎。
しかし、彼女と思しき声に我に返り、
今まで漕いできた道を、引き返します。

       

その先に待つものは。。。
それでは、続きをどうぞ!!

      

対岸に見える影

八郎「船頭さん、今来た道を引き返してください」

     

するち、無表情の船頭は、
一瞬コチラを見やるようなしぐさをした後、
船を展開させ、今来た道を戻り始めます。

       

今まで小春日和だったような、
暖かで、気持ちよかった雰囲気は一気に消失。

     

明るい感じの景色もなりを潜め、
今にも雨が降り出しそうな曇り空の雰囲気になってしまいます。

     

。。。何だか、この選択は間違っているのか?

     

そう不安にさせるような景色に変貌します。

     

そうして随分逆方向を進んだ先に、
川岸に人影が見えます。

     

あの小柄なシルエットは。。。
どうやら彼女の様です。

     

船が岸に近づくにつれ、
その推測は核心に変わります。
なぜ、ここに彼女がいるのかは、理解できないんですが、
彼女が川岸に建っています。

    

鉄槌

船頭は川岸に船をつけると、姿を消してしまいます。
彼の役目は、ここで終了なのかもしれません。
何にしろ、死後の世界に向かいつつあった、
自分を呼びもどしてくれた、彼女に感謝しなければいけません。

       

八郎「彼女ちゃん、ありがとう、俺死ぬところだったよ」

        

そう言って彼女の顔を見上げると。。。
彼女はいつになく真顔です。
。。。真顔、と言うよりは無表情でした。
八郎がここに戻ってきたのを、歓迎している雰囲気は、
全く感じられません。

      

あれ、三途の川を渡るのを、
呼び戻してくれたんじゃなかったっけ?
僅かに感じた違和感。

     

これが、段々と膨らんでいきます。

     

彼女「だから、早く病院に行きなさいって、言ったでしょ」

       

無表情な彼女の口から出てきたのは、予想だにしない「説教」です。
もうちょっと、喜んでくれるかと思ったんですが。。。
何か、様子が変です。。。

       

八郎「いやいや、彼女ちゃんの言う通りやね、今度からちゃんと言う事聞きマッスル」

        

場の雰囲気を和ませようと、くだらないダジャレを挟んでみますが、
彼女の表情は無表情のままです。

      

違和感が更に膨らみます。
そう言えば。。。
彼女が手を後ろに組んでいます。
彼女が手を後ろに組むなんて、とても珍しい事です。
恐らく初めて見たような気がします。

      

そして、その後ろには。。。
何かを隠しているように見えます。
何かを。。。握っている?

      

八郎「彼女ちゃん。。。後ろに何かあるの?」

       

そう聞いても、彼女の無表情は崩れません。
ただ、無表情だった視線だけは、
八郎をしっかり捉えるようになります。

      

彼女「でも、どの道。。。」

     

そう言うと、後ろに握っていた物を振り上げます。

    

八郎「え?どの道。。。って、彼女ちゃん、何やってるの?」

     

まさに彼女が振り上げている物。
それは

    

「鉄槌」

     

ちょっと古い例えですが、
北条司先生の「シティーハンター」のヒロイン、香が
冴羽 獠に振り下ろす、あのハンマー。。。

    

それを振り下ろしながら、こう言います。

     

彼女「八郎ちゃんは死ぬんだけどね」

八郎「えっ?」

ドゴッ。。。

      

深紅

はたと気が付くと。。。
辺りは血の海です。
衣服も真っ赤。
ベッドシーツも真っ赤。

      

八郎「うわあああああぁぁぁぁぁ」

      

慌てて狂ったようにナースコールを押し続けます。

     

ん?ナースコール???

      

ちょっと現実的になったところで、看護士が慌てて登場。

       

看護士「どうされました、って、あらー、点滴が逆流してますね」

八郎「へ?点滴。。。?逆流。。。?」

看護士「点滴をしている手を激しく動かすと逆流することがあるんです」

八郎「あ、ああ、そうなんですね。。。」

看護士「とりあえず病衣を着替えましょうか、シーツも交換しましょう」

      

こうして、八郎は、死の淵から生還したわけであります。。。
(次回へ続く、もう少しお付き合いください)

八郎を「フォロー」&「応援クリック」お願い致します!!

 

ブログを更新するとTwitterでブログの更新情報がツイートされます。良かったらフォローをヨロシクお願いします!!

この記事いいね!と思われたら、下の力士バナーに「パーンッ」と張り手をかましてやってください。 

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村
ダイエット日記ランキング

※またブログが読みたくなったら

ダイエット ひでぶ

で検索して見て下さい!!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました